TBCのIPL脱毛

五反田の荒波に揉まれるメグミです。

今日は一番気になっているTBCのIPL脱毛について詳しく調べたことをまとめておこうと思います。

IPL脱毛ではキセノンランプを使用した光脱毛だそうですが、毛乳頭とかメラニンを攻撃して毛が生えいにくいようにするという仕組みは、他の脱毛でもよくある一般的なものみたいです。使う光の種類?が違うみたいですね。

このキセノンランプは、脱毛だけではなくて、フェイシャルエステのようなものにも使われているらしいです。美肌効果、美白効果も期待できるみたいですよ。無駄毛だけじゃなくて、きれいになれるのであれば、なおさらキセノンランプが気になってしまいます。

それとIPL脱毛の特徴としては、今実際に生えているムダ毛のみならず、この後生えてきそうなムダ毛にも攻撃出来るみたいですね。

脱毛というと毛周期という言葉がよく出てきて、毛の成長期じゃないと効果が得られないということもあるらしいです。IPL脱毛はそこまで限定されていないようなのでよさそうです!

 

TBCではIPL脱毛の他にもニードル脱毛というのがあるようですが、効果が大きいのと引き換えにすごく痛そうです。私は痛いのは避けたいので、多少脱毛効果が落ちたとしても、マイルドな脱毛を継続的にやっていく方を選びたいです。

脱毛する年齢は若くなってる

こんにちは、メグミです。

だいぶ寒くなりましたね、最近は朝の気温が5度にも届かなくて平均して2.5度とかでしょうかね。着込めばそこまで寒くないですけど、やっぱ足先は寒いです。

さて、エステとかサロンっていうのはここ何年かで結構注目されて増えたような感じがします。そんな中でも脱毛は今20代くらいの若い世代だけじゃなくて10代の学生さんも利用が増えてるみたいです。

それは雑誌のモデルさんの年齢がどんどん若くなってるからかなと思ってるんですけど、それだけでもなさそうです。脱毛はお金以上に時間がかかりますよね。短くても1年、長いと3年くらいはかかると考えてもいいと思います。

それを例えば私の年齢で始めようとすると終わるころには30歳になってるかどうかって所です。そうなると若くてとにかく楽しい20代はムダ毛に悩んで終わることになります。でも、それが例えば18歳で始めたとしたら長く見ても終わるころは21歳ですよね。そうなると楽しい20代はムダ毛を気にせずいられることになります。

それに今は学割が使える脱毛サロンもありますからそう考えると安く脱毛を受ける事ができて、尚且つ20代は気にせず楽しめるので確かにその方がいいかもしれないです。

むしろ私の年齢で始めようとするのは遅いのかもしれないですね。それでも脱毛したいので諦めませんけどね(笑)

脱毛サロンの種類

こんにちは、メグミです。

脱毛サロンに通うことを決めた私ですけど、今まで行ってなかったので当たり前ですけど、どこに行けば一番いいのかわかりません。今はどこを歩いてもほとんど脱毛サロンがあるので、それぞれの特徴とか得意不得意とかも調べないと損しそうです。

で、まず有名な脱毛サロンを思い浮かぶだけ出してみました。ミュゼプラチナム、キレイモ、脱毛ラボ、TBC、それから最近電車の広告でみたコロリーですかね。そこからさらにそれぞれの脱毛方法を調べてみると、ミュゼ、脱毛ラボ、コロリーは同じS.S.C脱毛、キレイモも同じような方法を使ってるみたいです。TBCだけはIPL脱毛っていう方法を使ってますね。

大きな違いはよくわかりませんけど、ムダ毛自体にアプローチするか、ジェルを使ってそのジェルの効果と脱毛器の光で脱毛するのかの違いみたいです。IPL脱毛は直接ムダ毛にアプローチするみたいですね。

私にはちんぷんかんぷんですけど、なんとなくムダ毛に直接光を当ててくれた方が効果があるような気がします。単純な理由で間接的より直接的の方が良さそうってくらいの事でしかないんですけどね(笑)

あとは私の肌が脱毛器の光に耐えられるかどうかかもしれないです。合う合わないは多分そこもありますよね。もしIPL脱毛がダメならS.S.C脱毛をするしかないですしね。